• ホーム
  •  JFAニュース
  • JFAファーデザインコンテスト2010グランプリ作品が、国際コンペティションの最終審査に残りました

JFAファーデザインコンテスト2010グランプリ作品が、国際コンペティションの最終審査に残りました



国際毛皮連盟(IFTF)主催の国際コンペティション=REMIX2011の最終審査に、

「JFAファーデザインコンテスト2010」のグランプリ受賞者伊藤裕也さんの作品が残りました。

 

この国際コンペティションは、各国のコンペティションの入賞者でなければ、エントリーできず、

レベルの高いコンペティションとなっています。今回、伊藤さんは、全世界からエントリーのあった

54作品の中から選ばれた上位8人のうちの一人となりました。


REMIXの目的は、若手デザイナーたちがそれぞれ、毛皮と接し、探求する際に、彼らを励まし、

鼓舞し、支援すること、そして彼らの革新的なデザインを国際的な観衆に見てもらう機会を彼らに与えることです。


国際毛皮連盟(IFTF)は、毛皮の普及のために、国際的なPR活動を展開し、世界41の協会や団体を支援しており、

日本も1975年から加盟しています。


→国際毛皮連盟(IFTF)のウェブサイトへ http://www.iftf.com/#/press-releases/163/